薬膳スープカレー・シャナイア(SHANIA) | 恵比寿駅 | スープカレー | 営業時間、場所、食レポート!

恵比寿駅と目黒駅のちょうど間ぐらいにある薬膳スープカレー・シャナイア(SHANIA)のレポート記事になります。
ジャンルは「スープカレー」、孤独のグルメに出たこともあって人気に火が付き、大人気店となりました。
営業時間、場所、食べた感想を紹介させて頂きます。

1.薬膳スープカレー・シャナイア(SHANIA)

公式HP:http://www.nekoaji.net/shania/

オープンは2012年、日本画家、船水徳雄さんのプロデュースしていた「猫のアジト」というギャラリーを改装してできたお店です。
そのため猫の置物や絵が多く飾られています。
元々はケータリングで移動販売をしていましたが、2012年に店舗をオープンしました。

 

薬膳スープカレーの説明

スープ
鶏がらをメインに、野菜・魚介を使い、さらにナツメ、紅花、クコなどの生薬を加えた薬膳スープ。そこにオリジナル調合のスパイス、さらにドライバジルをアクセントにした香り豊かな贅沢なスープです!
血行をよくするスパイスの配合ですので、冷え性の方に特におすすめです。

具材
肉・魚介
食材に合わせ、ベストの味、食感になるように調理法を変えています。

例えば、定番の「熟成チキンレッグ」の作り方。
大振りの骨付きの鶏もも肉に、秘伝の「黒酒」を使い、一晩熟成させます。それから香りをつけたブイヨンの中でじっくりと火入れをし、しっとりと柔らかなものに仕上げます。
野菜
旬のお野菜をメインに使っています。人参はボイル、じゃがいもは素揚げといったように、食材に合わせて個別に火入れをしたこだわりの野菜達。野菜独自の甘さ、香り、食感を存分に堪能できます。

ご飯
ターメリックライス
生薬としても有名なターメリック(うこん)を使った黄色いライス。肝機能を増進すると言われていて、二日酔いの方や、「今晩は飲むぞー!」という方の強い味方です。
使うお米は北海道産の「ななつぼし」を使用。甘味があり、しっかりとした食感で、当店のスープカレーにぴったりの品種です。

寝かせ玄米
数量限定で寝かせ玄米もご用意しています。玄米を圧力鍋でふっくらと炊いた後に、少し寝かせてさらに柔らかく、そして香ばしく熟成させてからご提供しています。 もちもちとした食感がクセになります。
こちらも北海道産「ななつぼし」の玄米を100%使用しています。

 

2.営業時間、定休日は?

営業時間

[火~土]
【ランチ】11:30~15:30(L.O.14:30)
【ディナー】18:00~22:00(L.O.21:00)
※ランチ、ディナー共にスープがなくなり次第終了。

定休日

日曜、月曜

ランチ時は予約も出来ないためかなり混みあいます!
予約を取って、ディナーで行くのがお勧めです。

3.場所は?

住所

東京都目黒区三田1-5-5 猫のあじと

マップ

恵比寿ガーデンプレイスを抜けて、路地を入った奥の奥にあるため非常にわかりにくいです!
迷うかもしれないので早めに行く事をお勧めします!

4.メニューは?

カレー

チキンと野菜のスープカレー 1,480円
Wチキンのスープカレー 1,480円
チキンのスープカレー 1,020円
チキンと揚げブロのスープカレー 1,280円
2種のラビオリとホールトマトのスープカレー 1,280円
ホタテのスープカレー 1,500円
海老のスープカレー 1,600円
せぴあのスープカレー 1,500円

スープは以下から選べます。
オリジナル、トマトベース+100円、ココナッツベース+100円、焼きえびベース+100円。

メニュー写真

シャナイアのメニュー写真

シャナイアのメニュー写真

シャナイアのメニュー写真

シャナイアのメニュー写真

シャナイアのメニュー写真

シャナイアのメニュー写真

 

5.外観は?

シャナイアの外観写真

シャナイアの外観写真

一軒家を改造して作られています。
民家の奥にあるのでわかりにくいかと!

6.内観は?

シャナイアの内観写真

シャナイアの内観写真

シャナイアの内観写真

お洒落な店内です。

7.実食!

2020年1月にお伺いしました。

シャナイアのカレー写真

シャナイアのカレー写真

シャナイアのカレー写真

何度か行っていたためチャレンジしてせぴあのスープカレーに!
美味しい!のですが、真っ黒なので何の具を食べているのかがわからないのが難点でしたw
以下は過去に行った時の写真です。

シャナイアのカレー写真

シャナイアのカレー写真

シャナイアのカレー写真

シャナイアのカレー写真

最初はオーソドックスにチキンと野菜のスープカレーにするのをお勧めします!